I am totally fine.

To be cheerful - it's all that matters.

毎日のコーヒーをサステイナブルに。エコフレンドリーなコーヒーの楽しみ方。

スポンサーリンク

コーヒー,サステイナブル,エコ,デアトレード

皆さんはコーヒーを1日どのくらい飲みますか?

私は1日少なくても3杯は飲んでいます。

 

日本は世界でも上位に入るコーヒーの消費大国。たくさんのコーヒーショップが並び、コンビニでも美味しいコーヒーが安く簡単に手に入ります。

普段当たり前のように飲んでいるコーヒーですが、実はコーヒーをめぐる社会的な問題がたくさんあるのをご存知でしょうか。

 

コーヒーの生産者の多くは、熱帯地域に暮らしている小規模農家の方々。十分な対価が支払われず貧困状態で生活している人がたくさんいます。

また、コーヒーを栽培するために森林伐採が行われ生態系の破壊にもつながっています。コーヒーの単一栽培は害虫などの影響を受けやすく、化学薬品も多く使用されるため、土壌や水質も汚染されます。

 

今回は普段の生活から取り入れられるサステイナブルなコーヒ選びや、エコフレンドリーなコーヒーの楽しみ方をご紹介します。

コーヒーの選び方

まずはじめにサステイナブルなコーヒーについて。

サステイナブルコーヒーとは、自然環境や生産者の生活水準を良好に保つことを目指し生産や流通を行う、持続可能性に配慮したコーヒーのことです。

サステイナブルなコーヒーを実現するためには、生産者に対し正当な対価が支払われること、生産者は自然環境を守りながら良好な品質のコーヒーを栽培することが必要となります。

 

では、どのようやってサステイナブルコーヒーを選べば良いのか、私たちの判断基準の1つとなるのが様々な機関による認証制度です。

 

フェアトレード

皆さん一度は耳にしたことがあるかもしれません。フェアトレードは、発展途上国の小規模農家や農園労働者に対し、正当な価格で継続的な取引を行うことにより、生産者の継続的な生活向上を支援する仕組みです。

 

シェードツリー

シェードツリーは日陰栽培のことで、森林に覆われた日陰で栽培されるコーヒー。森林伐採を防ぎ自然環境を保護することができます。レインフォレストアライアンスやバードフレンドリーと呼ばれる認証もこの日陰裁判に関するものです。

 

オーガニック

農林水産省により禁止された農薬や化学肥料を使用しない方法で生産されるもので、土壌や水質汚染を防ぐことができます。日本のJASアメリカのOCIA、ドイツのBCS Okaなどの認証機関があります。

 

<おすすめサステイナブルコーヒー>

・People Tree(ピープルツリー)  People Tree 粉コーヒーを探す

People Treeコーヒバッグを探す

小川珈琲  小川珈琲を探す

・マウントハーゲン  マウントハーゲンを探す

 

UCC有機栽培コーヒー  UCCを探す

ヒルスコーヒーヒルスコーヒーを探す

 

 

コーヒーの淹れ方

エコフレンドリーにコーヒーを楽しむなら、ハンドドリップやストーブトップ、フレンチプレスがおすすめ。手動で淹れるためのコーヒー機器は、自動のコーヒーメーカーに比べてシンプルな作りで、長持ちするように作られています。よく家電製品は買い替えが必要なように寿命がある程度調整されているといった話を耳にしますが(真実かどうかは別として)、手動のものは大切にすれば何十年、一生と使うことができます。本体に使用されているプラスチックの量も雲泥の差。自動のコーヒーメーカの本体はプラスチック性のものが多いですよね。

それに比べて手動のものはガラスやアルミ、ステンレス性のものが多いんです。

 

そして、一杯ずつ手動で淹れることで、コーヒーメーカーで作るコーヒーより断然美味しい!

 

ハンドドリップ

ハンドドリップするならフィルターは再利用可能なオーガニックコットンや、ステンレス性のフィルターを選ぶこと。使い捨てのフィルターはゴミになりますし、漂白されている白いフィルターは環境汚染にも繋がります。 

手動のコーヒーメーカーは素敵な形のポットやカラフなどがあり毎日のコーヒー作りがとても楽しくなります。

 

私の愛用品はBodumというメーカーのコルクカバー付きのハンドドリップ用メーカー。 ステインレス性のフィルターがついています。

Bodumのコーヒーメーカを探す

オーガニックコットンコーヒーフィルタを探す

ステンレスフィルターを探す

 

ストーブトップ

 ストーブトップとは小さいポットのような形のコーヒーメーカで、下部にお湯とコーヒーを入れて加熱することで、内部の圧力が高まり、その力でエスプレッソができるというイタリア発の気軽にエスプレッソが楽しめる商品です。マキネッタやモカエキスプレスとも呼ばれます。

カフェラテを作ったり、お湯でわってアメリカーノにしたりと楽しみ方は色々。

キャンプなどでも大活躍するアイテムです。

お勧めはイタリアンブランドのBIALETTI(ビアレッティ)。カップサイズはエスプレッソ基準です。

BIALETTI 2カップ用を探す

BIALETTI 3カップ用を探す

 

フレンチプレス

フレンチプレスとは容器にお湯とコーヒーを入れて、金属のフィルターを押し込むことでコーヒーを抽出するものです。他にも少し形の違うアメリカンプレスやエアロプレスなどもあります。 

 

ハンドドリップでもお勧めしたBodumのフレンチプレス。定番の形で人気の高い商品。

 

Bodumのフレンチプレスを探す

カップセットはこちら

 

HARIOのフレンチプレスは種類が豊富。中でも木の取手が可愛いこちらがお勧め。

HARIOのフレンチプレスを探す

 

 

コーヒーかすを再利用する 

コーヒーを楽しんだあとは、残ったコーヒーかすを再利用。

 

消臭剤

コーヒーかすは消臭剤としての効果が抜群。しっかりと乾燥させたあと、袋や容器に入れて下駄箱やトイレ、冷蔵庫やゴミ箱などに設置するだけで匂いを消してくれます。

 

手作りスクラブ

コーヒーかすでボディスクラブが作れるのをご存知ですか?コーヒーのスクラブを商品として販売している会社もあるぐらいスクラブとしての効果も抜群なんです。

作り方は至って簡単。

コーヒー かす100g、ブラウンシュガー50g、ココナッツオイル50gを混ぜるだけ。

これは私が作っているレシピですが、他にもインターネットで調べると色んなレシピが見つかります。

 

油汚れ

油でギトギトになってフライパンやお鍋に入れて擦ればすっきりと汚れを落としてくれます。

油を吸い取ったコーヒーかすは燃えるゴミとして出せるので、ペーパーなどで拭き取る必要もなくゴミも減らせます。

 

 

まとめ

私はもう15年以上コーヒーを飲み続けていますが、ずっとハンドドリップやストーブトップなどを使い手動で入れています。単純にその方が美味しいからという理由でしたが、環境のことを考え初めてからますますコーヒー作りが楽しくなりました。

ペーパーフィルターを使用している期間も長かったのですが、それも卒業しステンレス製のフィルターに変えました。

皆さんもぜひ試してみてください。

この記事をシェアする