I am totally fine.

To be cheerful - it's all that matters.

今すぐできるサステイナブルチェンジ<エコスワップ> 〜キッチン偏〜 

スポンサーリンク

f:id:iamtotallyfine:20200706063407j:plain

買い物やゴミとは切っても切り離せないのがキッチン。家庭の中でも一番ゴミの多く出る場所ではないでしょうか。

今回は買い物やキッチン周りできるサステイナブルチェンジをご紹介します。

 

 サステイナブルチェンジ<エコスワップ> 〜キッチン偏〜 

1. 選ぶ商品に気を配る

買い物に行くと使い慣れた商品やお買い得商品など、パッと目に留まるものを選ぶことが多いのではないでしょうか。しかし、冷蔵庫や棚に入っているものを見てみると、おそらくプラスチックフリーのものや、少しでも環境への負担の少ない商品へ代替えが可能なものがたくさんあると思います。例えば、プラスチックゴミを減らすために、マヨネーズやケチャップなどは瓶入りの物を購入したり、出来る限り梱包されていない野菜を選ぶこと。また、フェアトレード商品を選択することで、生産者の安定した収入を支援することもできます。

 

マヨネーズやケチャップなどプラスチック容器より瓶入りのものを選ぶ
野菜は出来るだけ梱包されていない物を選ぶ
リサイクル可能なパッケージのものを選ぶ
フェアトレード商品を選ぶ

 

エコ,サステイナブル,プラスチックフリー,プラなし

2. キッチンペーパーをタオルで代替する

 キッチンペーパーはとても便利でついつい何にでも使ってしまいがち。洗った食品を乾かしたり、さっと掃除をする時など、キッチンペーパーの代わりにキッチンタオルで代用してみてください。私も以前はキッチンペーパーを利用していましたが、どうしてもゴミがたくさん出てしまうので思い切って購入を辞めたのですが、タオルの方が大きさもあり洗って何度も利用できるのでとっても楽になりました。

 

3. ラップの代わりに蜜蝋ラップ(ビーズワックスラップ)を使う

 以前の記事でもご紹介しましたが、蜜蝋ラップこれは本当に便利です。コットン生地と蜜蝋で作られているラップで、手の熱で温めて包むことで器や野菜など何にでもピタッとフィットします。蜜蝋が薄くなってきたら自分でコーティングもし直せるし、コストを考えてもラップを買うより断然お得です。お菓子やサンドウィッチを包むのにも便利です。

見た目も可愛く、お財布にも環境にも優しい蜜蝋ラップ。是非是非試してみてください。

蜜蝋ラップを探す

私のお勧めはacowrap。素材へのこだわりと美しい色合いが大好きです。

acowrapを探す

 

 

f:id:iamtotallyfine:20200610053237j:plain

 4. シリコンマットを使う

クッキングペーパーやアルミホイルの代わりに、シリコン製のマットやカップを使うのもひとつ。洗って何度でも利用でき、買い足しの心配も入りません。パティシエさんが使っているイメージがありますが、お手頃な価格で手に入ります。

シリコンマットを探す

シリコンカップを探す

 

どうしても紙製のものが使いたいという場合は、無漂白のコンポスタブル(堆肥化可能)な製品を選びましょう。 私が紙製を利用する場合に使っているものは<If You Care>というブランドの商品。キッチペーパーやカップ、コーヒーフィルターなど様々な商品があります。

If You Careの商品を探す

 

5. 布製コーヒーフィルターを使う

ポッドタイプでお手軽にコーヒーが楽しめる商品が普及していますが、私はずっとハンドドリップ派。1日に最低でも三杯はコーヒーを飲むので、その度に出るフィルターのゴミに罪悪感を感じていました。そこで出会ったのが布製のフィルター。エコ派の人には洗って繰り返し使える布製のコーヒーフィルターがお勧めです。

リネン製だと乾きも早く清潔に安心して使えます。

布製コーヒーフィルター商品を探す

 

6. エコフレンドリーな食器洗洗剤を使う

食器を洗ったり掃除をする際に、大活躍する洗剤。化学薬品のたくさん入った物を使うより、環境に優しいサステイナブルな商品を選びましょう。

ご存知の方も多いと思いますが、エコストアさんの商品が手に入りやすく認知度も高いので、最初のエコスワップにお勧めです。店頭では開いた容器に継ぎ足しもできるのでとってもエコ。

エコストアの洗剤を探す

 

また、洗剤なしで食器が洗えて、掃除にも大活躍する<びわこふきん>もお勧め。大人気なのかよく売り切れている印象があります。びわこふきんはガラ紡と呼ばれる日本独自の紡績方法で織られた木綿の布で、デコボコしたガラ紡糸が油汚れをよく落とします

びわこふきんを探す

 

 7. コンポスタブルなスポンジを使う 

食器洗いに関してもうひとつ。スーパーや100円ショップで手に入るスポンジ、どうみてもプラスチックですよね。ヘチマなどから作られた100%天然成分の堆肥化可能な食器洗いスポンジを使うことで、プラスチックゴミを減らすことができます。

食器洗いスポンジを探す

 

8. 食材の無駄を出さない 

ついついご飯を作りすぎてしまったり、買いすぎて食材が余ってしまい賞味期限になりゴミ箱へ、という流れは誰でも一度は経験があると思います。

世界中で飢餓に苦しむ人々がいるのに、食品破棄が問題になっている現状。日本の年間食品破棄は2759万トン。そのうち食べられるのに破棄されたもの(食品ロス)は643万トンと言われています。余ったら捨てる、足りなくなったらまた買うということがあまりにも当たり前になっている現代で、少しでも食品破棄を減らすのに各家庭での取り組みは欠かせません。

まずは、本当に必要な分だけ購入し無駄を出さないこと。使い切れなかったものは冷凍可能であれば冷凍保存して後日利用するなど日々の食事から破棄を減らすことを意識してみましょう。

 

賞味期限の近い食品をまとめていておく場所を作り、そこにあるものから消費していくというのも良いかもしれません。

 

 

まとめ

普段使い慣れたものを変えるのは少し気が引けるかもしれませんが、使い始めると案外簡単に馴染むもの。環境に優しい商品を使ったり、環境のことを考えた生活スタイルを取り入れるこおで、自分にとっても優しい環境を作ることができます。

 

前回書いたプラスチックフリーな通勤・お出かけ偏も参考にしてみてください。

www.iamtotallyfine.com

 

 

この記事をシェアする