I am totally fine.

To be cheerful - it's all that matters.

今すぐできるサステイナブルチェンジ<エコスワップ> 〜プラスチックフリー通勤・お出かけ偏〜 

スポンサーリンク

 

sustainable,サステイナブル,プラスチックフリー,プラなし

便利で軽量なプラスチックは私たちの生活の至る所に存在しています。

しかし、このプラスチックの製造や廃棄による環境汚染が年々深刻になっています。

 

www.iamtotallyfine.com

 

製造側における循環システムの構築も非常に重要だと言われていますが、消費者である私たちにできることはプラスチックゴミを減らすこと、ゴミをしっかり分別しリサイクル可能なプラスチックを少しでも増やすこと。

最近では、”プラスチックフリー”や”プラなし”、”脱プラ”などという言葉で表現され、日常から少しでもプラスチックを減らしていこうという動きが見られるようになってきました。

 

今回は今すぐ実践できるプラスチックフリーなお出かけサステイナブルチェンジをご紹介します。 

1. マイボトルを持ち歩く

外出をする際、必ずと言って良いほど買うものが飲み物。途中でコンビニにやカフェに立ち寄って水やコーヒーを買うことがよくあると思います。お店で買うボトルや、コーヒーカップ、蓋やストロー、全てプラスチックが含まれています。

私はよく水を飲むので、出かける時は必ずマイボトルに水を入れて持っていきます。水は水道水を浄化フィルターや浄化用の木炭を使って浄化したものを入れています。

カフェでコーヒーなどを買う際は、マイマグに入れてもらうようにしています。 

マイボトルを探す

マイボトルを探す

 

 2.マイ箸を持ち歩く  

使い捨ての割り箸や、フォークなどを提供しているお店では、持参したお箸やフォークを利用するようにしてみましょう。普段何気なく受け取っている使い捨てのお箸やフォーク、見過ごしてしまいそうですが、これも避けられるプラスチックの1つです。最近は環境にも優しいと言われる竹製の商品が人気ですね。

バンブーカトラリーを探す

 

3.ストローはお断り

レストランなどで冷たい飲み物を頼んだ時など、使い捨てストローは使わず再利用可能なシリコンやステンレス、竹製のものを持参してみましょう。もしくはグラスからそのまま飲むのも◎。小さいことですがこういった取り組みの1つ1つがプラスチックゴミを減らすことに繋がります。

バンブーストローを探す

ステンレスストローを探す

シリコンストローを探す

 

4.グラスのパッケージのものを選ぶ

もしマイボトルがなく、水やジュースを買うとなった時、少し値段は上がりますがグラスボトルのものを選んでみてください。これは他のものを購入するときにも共通します。グラスパッケージの商品を選ぶことには賛否両論ありますが(グラスはプラスチックより重いため、輸送時にかかるカーボンフットプリントが大きくなるという意見。)、プラスチックを減らすことに焦点をあてる場合はに1つの判断基準になります。

sustainable,サステイナブル,プラスチックフリー,プラなし 

5. 昼食やおやつを持参する

日本はお弁当という文化が浸透しているので、会社や学校に行くときに昼食を持参されている方も多いと思います。実はお弁当を持っていくということは、節約になる他市販のものから出るプラスチックゴミを減らすことにも繋がります。私は社会人になって10年、節約のためにずっとお弁当を持参していますが、10年間プラスチックゴミを減らせていたのだと思うと少し嬉しく感じます。

おやつは少し難しいかもしれませんが、私はできる限り手作りのおやつを再利用可能なシリコンバッグや、蜜蝋ラップに包んで持っていくようにしています。埋め立てされてしまうプラスチックゴミの大きな割合はプラスチックパッケージだと言われています。

シリコンバッグを探す

 

おまけ アイスクリームはコーンで注文

アイスクリーム屋さんにいくとカップが良いかコーンが良いか聞かれると思いますが、このカップにもプラスチック加工がされています。コーンは最後まで食べられるし、ゴミも減らせて一石二鳥なのでカップ好きの方もたまにはぜひコーンで注文してみてください。

 

まとめ

今回はすぐにできるサステイナブルチェンジ通勤・お出かけ偏ということでいくつか商品のご紹介もしましたが、サステイナブルな生活に欠かせないのは、まずは持っているものを大切に長く使うということ。ミニマリズムにも共通するところがあるかもしれませんが、持ち歩くお箸やフォークなど、まずは家にあるものを使うのがサステイナブル上級者流。

次回は他のシーンでできるサステイナブルチェンジをご紹介します。

 

この記事をシェアする