I am totally fine.

To be cheerful - it's all that matters.

サステイナブルな生活に向けて取り組むには?

スポンサーリンク

サステイナブル, ミニマリスト, エコ

 

近年、以前に増して気候変動が問題に上がり、私たち自身もそれを肌で感じるような異常気象が頻繁に起きています。世界の平均気温は19世紀後半以降、100年あたり0.72℃で上昇しています。

地球温暖化につながっている主な要因として、温室効果ガス・森林破壊・プラスチックゴミが挙げられており、どの項目も私たち人間の活動による影響が大きいのです。

地球温暖化による海面上昇が進めば土地は失われ、ゴミだらけになった海では動物も生きられません。私たち人間の活動がエネルギーのバランスを崩し、自分たち人間の首を締めるに留まらず、動物や自然にも影響を与えているのです。

私たちが生きている間はなんとか生活ができたとしても、子供、孫その先の未来を想像すると、私はとても怖く感じます。

 

何もしなくても、企業が、国が、世界がこの問題を解決してくれるのでしょうか?確かに大きな存在は大きな影響力があるかもしれません。しかし、この問題は私たち個人が取り組んでいくことが非常に重要であると私は思います。

世界が取り組んでいる問題に対して、自分一人の取り組みが何かを変えられるのか?と不安に思うかもしれません。しかし、考えてみてください。プラスチックゴミを減らす為に、日本人全員がレジ袋を一日に一枚断ったら? それだけで1日1億枚程のレジ袋、年間300億枚以上の消費を抑えられると考えると意外と簡単に取り組めそうだと思いませんか。

 

サステイナブルとは、”持続可能な”という意味です。2015年に<持続可能な開発目標(SDGs)>が定められ貧困やジェンダーなど様々な側面から取り組みを行っています。

簡単にいうと、継続が可能なより良い世界を実現させるための取り組みです。

 

www.iamtotallyfine.com

 

 その中でも先述したように地球温暖化を抑え、海や森、動物達そして私たち自身を守るための取り組みというのは、一番身近ですぐにでも行動に移せる持続可能な取り組みです。

 

私もまだまだ勉強中ですが、普段の生活を少しずつ変えていければと思い楽しみながら取り組んでいます。

 

どうやって取り組むの?

早速始めようと思っても何から始めれば良いか迷いますよね。インターネットで調べると、とても追いつけそうにないほどの情報が溢れていて、それだけで少し心が折れそうになってしまうかもしれません。だけどご心配なく。取り組める範囲やサステイナブルに対する価値観は人により異なります。私は、まず自分が出来る範囲で何か始めてみるということが大事なのかなと思います。

この活動を行うにあたって私が心に留めてるのは以下の4つ。

 

1.意気込みすぎない

サステイナブルな取り組みを行う際、重要なのは継続すること。初日から意気込んでしまうと行き詰まってしまいます。まずは身近な、例えばレジ袋を断るといったところから始めて、それがこなせるようになれば次の目標を立てるというようにしています。焦らず、1つ1つ丁寧に進めていく事が大事です。

 

2. 出来ない日があっても自分を責めない

エコバッグを使うと決めているのに、うっかり忘れてしまった、プラスチックで包装されている商品は避けたいけれど買ってしまった。そんな日があっても自分を責めないようにしています。自分の購入する物、使っている物に意識を持つことでより良い選択をするための知識がついて行きます。これには時間がかかりそうなので、慌てずマイペースに取り組んでいます。

 

3. 完璧を求めない

普段の生活で目にするプラスチック製品を思い出してください。完全に排除する事が難しいと感じると思います。綺麗な森や山で野菜を育て自給自足の生活でもしない限り、とても難しい事だと思います。最善を尽くすことは重要ですが、完璧を求めすぎると返って疲れてしまい、投げ出したくなってしまっては本末転倒。完璧を求めないというのは、自分が継続できると思う範囲で取り組むための重要なことだと思っています。

 

4. 周りの人を巻き込む

最後に、これはとても大きな力になります。家族、友達、恋人、同僚、誰でも良いのです。自分が取り組もうとしていることを話して協力者を得ることでとても動きやすくなります。私も相方にさらっと話したところ、何とも協力的な姿勢を見せてくれています。

 

 

 

サステイナブルエシカルという概念についての価値観は人それぞれです。それでも私が驚いたのが海外にはこのような取り組みが日本に比べて浸透しているということ。インスタグラムやブログで情報発信をしている人たちがたくさんいて、非常に勉強になります。

 

 

<参照>

気象庁HP: https://www.data.jma.go.jp/cpdinfo/temp/an_wld.html

 

この記事をシェアする