I am totally fine.

To be cheerful - it's all that matters.

Vol.29 'as'の使い方  ぐーたら女子のLearning English

スポンサーリンク

f:id:iamtotallyfine:20200221061144j:plain

 

今回は" as "の使い方について解説します。

<〜として>、<〜のような>という使い方の他に、比較文で使われることもあります。

as

今回は" as "の使い方について解説します。

<〜として>、<〜のような>という使い方の他に、比較文で使われることもあります。

 

役割を表現する

I worked as a sales manager for two years.

私は二年間営業課長として働いていました。

 

He joined the meeting as a secretary.

彼は書記としてその会議に参加しました。

 

I used my scarf as a blanket.

私はスカーフをブランケットとして使っています。

 

これらは"〜として"という使い方で、職種や機能など役割を表します。

 

as +形容詞+ as、as much as 

as+形容詞+as 〜で、<〜と同じくらい〜(形容詞)だ>、という表現になります。

He is as tall as my brother.

彼は私の兄ぐらい背が高いです。

 

This blouse is not as pretty as the other one.

このブラウスは他のものほど可愛くありません。

 

as+形容詞+asの後に続く、" my brother"や" the other one "の部分と比較を行う際に使います。

 

下の例文、as much as〜、は"〜と同程度の"、"〜ほど(多く)"と表現する際に使います。

 

She loves spicy food as much as I do.

彼女は私と同じくらい辛い物が好きです。

 

You can take my book as much as you want.

あなたの好きなだけ私の本を持って帰って良いですよ。 

 

 

as if, as though

こちらは、"〜かのように"という表現として使われます。

She looks as if she hasn't slept.

彼女はまるで寝ていないように見えました。

 

You talk as though we will never see each other again.

あなたは、あたかも私たちが2度と会わないように話しますね。

 

asのその他の意味

as を単体で使う際、"〜のように"という意味の他に、よく使われる3つの意味があります。

 

as = 'because'

1つ目は下の例文のように、'because'同様、理由を述べる際に使う用法です。

 

I went home early as I didn't feel well.

気分が良くなかったので、私は早く帰りました。

 

He was depressed as he failed the exam.

 彼は試験に落ちたので落ち込んでいました。

as = ' while' or ' during the time that'

2つ目は、"〜している時"という表現をする際に用います。

 

He called as I was getting ready.

彼は私が準備をしている時に電話をかけてきました。

 

As they were leaving, I was arriving.

彼らが去って行くときに私は到着しました。

as = ' in the way that' 

3つ目は、' as you know/知っての通り'、'as we expected/期待通り'など、"〜の通り"という表現をする際に用います。

As you know, I had been on a trip.

知っての通り、私は旅行に行っていました。

 

As we expected, it's getting sunny. 

期待通り晴れてきました。

 

 

この記事をシェアする