I am totally fine.

To be cheerful - it's all that matters.

Vol. 23 Question Sentence 疑問文  ぐーたら女子のLearning English

スポンサーリンク

疑問文

今日は疑問文の作り方について解説します。

英語の疑問文には、日本語同様、はい/いいえで答えられるもの、そうでないものがあります。

 

まずはYes/Noで答えられる疑問文について解説していきます。

 

 

Yes/ Noで答えられる疑問文

be動詞

be動詞を使っている文章を疑問文にしてみましょう。まずは以下の例をご覧ください。

 

She is a teacher.

彼女は先生です。

 

これを疑問文にすると

 

Is she a teacher?
be動詞 S C

彼女は先生ですか?

 

となります。 

 

Yes/Noで答えられるbe動詞の文章を疑問文にする場合は、単純にbe動詞と主語の位置を入れ替えて作ります。

 

答える際は、

Yes, she is ( a teacher ). / はい、そうです。(彼女は先生です。)

No, she is not (a teacher ). / いいえ、違います。(彼女は先生ではありません。)

などと答えます。

 

他にも例を挙げてみます。

( )の中が元の文です。

 

Are you thirsty?    ( You are thirsty. )

あなたは喉が渇いていますか?

 

返事は

Yes, I am ( thirsty ).

No, I'm not ( thirsty ).

など。

 

Was her ex-boyfriend a basketball player? ( Her ex-boyfriend is a basketball player. )

彼女の元カレはバスケットボールの選手ですか?

 

 

Yes, he is ( a basketball player ).

No, he's not ( a basketball player ).

 

進行形の文もbe動詞が文頭にきます。

Are you studying English? ( You are studying English. )

あなたは英語を勉強していますか?

 

Yes, I am (studying English ).

No, I am not (studying English ).

 

Were you sleeping when I called you last night?  ( You were sleeping when I called you last night. )

昨夜私が電話した時あなたは寝ていましたか?

 

Yes, I was ( sleeping when I called you last night ).

No, I wasn't ( sleeping when I called you last night ).

 

 

一般動詞

一般動詞を使ったYes/Noで答えられる疑問文は文頭に< do(does)/ did >を置いて作ります。

この場合時制や人称に関わらず、一般動詞は" 原形 "です。

 

You like chocolate. 

あなたはチョコレートが好きです。

 

これを疑問文にすると、

 

Do you like chocolate?
  S 一般動詞 O

あなたはチョコレートが好きですか?

 

 

この疑問文には、

Yes, I do.  / はい、そうです。(私はチョコレートが好きです。)

No, I don't. / いいえ、違います。(私はチョコレートが好きではありません。)

 

などと答えます。

 

他にも例文を見てみましょう。

 

Did you enjoy the movie?  ( You enjoyed the movie.)

あなたは映画を楽しみましたか?

 

これは元の文が過去形なので、文頭には" do "の過去形" did "を置きます。

返事は、

Yes, I did.

No, I didn't.

など。

 

Does she play the piano? (She plays the piano.)

彼女はピアノを弾きますか?

 

こちらは、主語が三人称単の" she "なので文頭には" Does "を置きます。

返事は、

Yes, she does.

No, she doesn't.

などと答えます。

 

 

助動詞

続いてはwill, can, shouldなどの助動詞を使った疑問文です。

助動詞を用いた疑問文の作り方は、be動詞と同じく、助動詞と主語の位置を入れ替えます。

 

She will call you tomorrow.

彼女は明日、あなたに電話するでしょう。

 

これを疑問文にすると、

Will she call you tomorrow?
助動詞 S 一般動詞  

彼女は明日、あなたに電話をかけますか?

 

となります。

 

Yes, she will.

No, she won't. ( won'tはwill notの縮約形)

などと答えます。

 

その他の例文を挙げてみます。

 

Can your brother speak Spanish?  ( Your brother can speak Spanish. )

あなたの弟はスペイン語を話せますか?

 

回答は

Yes, he can.

No, he can't.

など。

 

Should I leave a message to him? ( I should leave a message to him. )

彼にメッセージを残しておくべきだろうか?

 

この疑問文に大しては

Yes, you should.

No, you shouldn't.

などと答えます。

この例文だと、はい/いいえ、で断定が難しい場合があると思います。その場合はyes/noの代わりに、

 

I think you should.

I think you shouldn't,

 

" I think "などを使って"私は〜と思う"のような回答もできます。

 

完了形

have/ has を使った完了形を疑問文にする場合は、have/ hasと主語の位置を入れ替えます。注意したいのは、完了形の疑問文の動詞は必ず過去分詞を使います。

 

She has been to Paris.

彼女はパリを訪れたことがあります。

 

これを疑問文にすると、

Has she been to Paris?

彼女はパリを訪れたことがありますか?

 

となり、回答は

Yes, she has.

No, she hasn't.

などとなります。

 

他にも

Have you finished your homework?  ( You have finished your homework.)

あなたは宿題を終えましたか?

 

Yes, I have.

No, I haven't.

などと答えます。

 

 

 

Yes/No以外の疑問文

では、yes/noでは答えられない、例えば"あなたの趣味は何ですか?"のような疑問文の作り方をみていきましょう。

 

まず、この疑問文で使われる疑問詞( question word )には、

Where / どこ

What / 何                 ( What kind of music, What else, What colour ...)

How / どのように ( How long, How many, How much, How far...)

When / どこ

Who(Whose) / だれ(の)

Why / なぜ

Which / どれ            ( Which book, Which dress ...)

があります。

 

この疑問詞は文頭に置かれます。

( )の中のようにHow long やWhat colourなど対象となるものを追加して疑問詞を使うことがもできます。

 

 

 

What is  your hobby?

あなたの趣味は何ですか?

 

" What /何 "という疑問詞を文頭に起き、その後にyes/noの疑問文を作る際のルールに従った文が続きます。

 

時制ごとに例文を挙げてみます。

 

現在形

What do you think?

あなたはどう思いますか?

 

Who is she?

彼女は誰ですか?

 

How do you like your new shoes?

新しい靴はどうですか? (直訳すると、どのように好きですか?となります。)

 

How many kids does Bob have?

ボブには何人子供がいますか?

 

What is your favourite colour?

あなたは何色が好きですか?

 

Whose bag is this?

これは誰のバッグですか?

 

過去形

How long did it take to get to the airport?

空港に着くまでどのくらいかかりましたか?

 

Why did you leave the door open?

どうしてドアを開けっ放しにしたのですか?

 

What time did you get back from work?

何時に仕事から帰ってきたのですか?

 

When did she buy a house?

彼女はいつ家を買ったのですか?

 

現在進行形

What are you doing at the moment?

あなたは今何をしていますか?

 

Why is Lisa ignoring me?

リサはどうして私を無視しているのですか?

 

過去進行形

What was Tom doing when you called?

あなたが電話した時トムは何をしていたのですか?

 

How was he feeling after the surgery?

手術後彼はどうでしたか?(彼はどう感じていましたか?)

 

Where ware you going when I called you?

私が電話した時、あなたはどこに向かっていたのですか?

 

現在完了形

How much money have you spent on clothes this month?

あなたは、今月いくら洋服代に使いましたか?

 

What has he done to his girlfriend?

彼は彼女に何をしたのですか?

 

Where have you been?

どこにいたのですか?

 

未来形

Which dress will you choose?

あなたはどっちのドレスを選びますか?

 

Who will you invite to the party?

あなたはパーティーに誰を誘うのですか?

 

Why is she going to quit her job?

どうして彼女は仕事を辞めるのですか?

 

助動詞

What would you do if you won the lottery?

もし宝くじに当選したら何をしますか?

 

How can I  improve my English?

私はどのように英語を延ばせるでしょうか?

 

Where should I go on my next holiday?

次の休暇はどこに行くべきだろうか?

 

 

疑問詞が主語(Subject)の場合

疑問文を作る中で、who, what, whose, whichが主語である場合は、これらの疑問詞の後に、通常の肯定文が続きます。

 

Who wants a coffee?

コーヒーが欲しい人は?(誰がコーヒを欲しいですか?)

 

のようにWhoが主語である場合は、do, does,didなどを使わず、肯定文を続けます。

一般動詞は人称や時制に伴い変化することに注意してください。

上の例文だと、" Who "は三人称単数の主語なので、" wants "となります。

 

以下の2つの文を見比べてみましょう。

 

Who bought this book?
主語

 誰がこの本を買ったのですか? 

 

Who did she meet last Sunday?
    主語

 この前の日曜日、彼女は誰に会いましたか?

 

①は" who "が主語になっているので、後には肯定文の語順で文が続きます。

②は" she "が主語なので、didを使った疑問文が続きます。

 

What makes you happy?

何があなたを幸せにしますか?

 

これもWhatが主語になっているので後ろには肯定文が続きます。

 

Which jacket suits me better?

どっちのジャケットが私に似合いますか?

 

この例文では、" Which jacket "が主語なので肯定文が続きます。

 

疑問詞が主語の場合の疑問文は、慣れるまで少し難しいかもしれませんが、文の構成をしっかり理解すれば大丈夫です。

 

 

< Word of the day>

thirsty

形容詞: 喉が渇いた

give you a ride

動詞: 車で送る

 

 

 

この記事をシェアする