I am totally fine.

To be cheerful - it's all that matters.

THEO RANDALL at the InterContinental ロンドンのおすすめイタリアンレストラン

スポンサーリンク

f:id:iamtotallyfine:20200204060806j:plain

 

こんばんはNoraです。

 

今日は私のおすすめするイタリアンレストラン、THEO RANDALL at the InterContinentalをご紹介します。

 

THEO RANDALL at the InterContinental

THEO RANDALL at InterContinentalは、2006年にイギリス人シェフのTheo RandallがオープンしたInterContinental Hotel(インターコンチネンタルホテル)内にあるレストランです。ロンドンのHyde Park Corner(ハイドパークコーナー)の駅から徒歩5分ほどのところにあります。

1989年にThe River Cafeでミシュランスターを獲得した凄腕のTheoがプロデュースするレストランは、雰囲気やインテリアも良く、何より料理が美味しいんです。

あまりイタリアンを食べない私でも、何度も足を運びたくなる味。

 

f:id:iamtotallyfine:20200204063417j:plain

内装はこんな感じです。暗めの落ち着いた照明にスモーキーグリーンのソファーがとても落ち着きます。

 

この日私が食べたのは3コースのセットメニュー。

コースの前に、フォカッチャとトマトのブルスケッタが運ばれてきました。(1枚目の写真)このフォカッチャが絶品!!めちゃくちゃ美味しかったんです。

 

そして1stコースに選んだのは、Minestrone(ミネストローネ)

f:id:iamtotallyfine:20200204064116j:plain

季節のグリーンピーを使ったスープでとっても優しい味でした。

 

2ndコースはRavioli di erbette(イタリア語でハーブラビオリ)

f:id:iamtotallyfine:20200204064344j:plain

ほうれん草、リコッタ、セージなどが入ったラビオリで、とっても濃厚。大げさでなく今まで食べたラビオリの中で一番の味でした。

 

 

3rdコース、メインはこちらAgnello in tegame(子羊の鍋)

f:id:iamtotallyfine:20200204064544j:plain

スロークックされた子羊の肩肉に、セロリ、ほうれん草、人参が添えられています。

実はラムが苦手な私。でも、メニューを見て美味しそうだったので挑戦してみようという気になりこちらをチョイス。

結果大正解でした。ラムの臭みもなく、とっても柔らかく料理されていて大満足。

 

3コースでデザートは別料金ですが、もちろんデザートも食べたい私。

f:id:iamtotallyfine:20200204065208j:plain

Warm almond tart(アーモンドタルト)を注文しました。温かい状態でサーブされほっこりと落ち着く味でした。

 

デザートを食べ終わる頃には本当にお腹いっぱいでしたが、全コース大満足の味でした。3コースで一人£40程。(プラスデザートとサービスチャージがかかります)

 

後日、仕事の関係で再度ランチの時間に食事に行く機会があったのですが、その時もラビオリを注文しました。

特別な日に訪れたいレストラン。ロンドンを訪れた際は是非行ってみてください。

ちなみにドレスコードはスマートカジュアルです。

 

 

 

THEO RANDALL at InterContinental

InterContinental London Park Lane
One Hamilton Place, Park Lane
London, W1J 7QY

Tel: +44 (0) 20 7318 8747

 

この記事をシェアする